株式会社リエイト

絶対に知っておくべき!任意売却時にローンが組めないケースと対処法【世田谷区 不動産売却】

お問い合わせはこちら

絶対に知っておくべき!任意売却時にローンが組めないケースと対処法【世田谷区 不動産売却】

絶対に知っておくべき!任意売却時にローンが組めないケースと対処法【世田谷区 不動産売却】

2023/12/13

物件を任意売却する際、ローンが組めない場合があります。その理由と対処法を知っておくことは、賢明な売却のために必要不可欠です。本記事では、絶対に知っておくべき任意売却時にローンが組めないケースとその対処法について解説いたします。

目次

    任意売却とは

    不動産を売却する場合、一般的にはマンションや土地などに対して仲介業者を通じて売却を行うことが多くあります。しかし、任意売却という方法もあります。任意売却とは、不動産を自己破産や借金の返済ができなくなった場合などに、弁護士や司法書士といった専門家に頼り、その専門家が不動産会社と交渉を行って売却する方法です。 任意売却は、一定の条件を満たす場合に限り可能な手段となっています。具体的には、自己破産を申し立てたり、負債者となってしまった場合などが条件となります。また、任意売却は弁護士や司法書士などの専門家が介入することが必要で、自己で不動産を売却することはできません。 任意売却は、通常の売却に比べて条件が厳しいことが多くありますが、一定のメリットが存在します。例えば、自己破産を申し立てる場合、任意売却を行うことで短期間で財産を売却でき、手数料も安く済むというメリットがあります。 任意売却を行う場合には、弁護士や司法書士に相談して、自分に適した方法を選ぶことが重要です。その上で、売却先の不動産会社や売却価格の交渉を行い、効率的かつスムーズな売却を行うようにすることが大切です。

    任意売却時にローンが組めないケース

    不動産を任意売却する際、ローンの組み方によっては、ローンを返してから売却する方法が必要となる場合があります。任意売却は、自分の意思に基づいて売却するため、緊急性がある場合でなければ、時間をかけて売却を進めることができます。しかし、売却前にローンを返済することができなければ、売却はできなくなるため、慎重な検討が必要です。売却時に買主がローンを組むことができない場合、任意売却は困難になるため、担保評価の下落や相場変動によって損失を被らないように、様々な対策を検討する必要があります。また、不動産投資家のように、数多くの不動産を所有している場合、複数物件の資産価値を維持するためにも、ローンの返済には十分な注意が必要となります。任意売却を検討する場合は、売却価格やローン返済の計画など、慎重に検討することが大切です。

    対処法①:任意売却前に債務整理を行う

    不動産において、任意売却に際しては、債務整理を行ってからの方が賢明です。債務整理を行うことによって、借金を減らしたり、返済の回数を減らしたりすることができます。これによって、任意売却後に残る借金の額を抑えることができ、リスクを回避することができます。また、債務整理が行われる前に任意売却を行うと、債権者によっては強制競売に移行する場合もあります。このような場合には、任意売却を行うことができず、不動産を手放すことができなくなってしまいます。債務整理の種類には、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などがあります。それぞれの種類に応じて、メリット・デメリットがありますので、専門家に相談することが大切です。不動産を売りたいと考えたときには、一度債務整理を行うことを検討してみることをお勧めします。

    対処法②:ローンが組めるようになるまで待つ

    不動産を購入する際には、多くの場合、ローンを組むことが必要となります。しかし、収入が十分でない場合や、信用に問題がある場合は、なかなかローンが組めずに、不動産の購入を諦めざるを得ないこともあります。 そんなときは、ローンが組めるようになるまで待つことをオススメします。収入を上げるために、新しい仕事を探したり、スキルアップを目指すことで、ローンが組める状況を作ることができます。 また、信用に問題がある場合は、一定期間が経つことで信用が回復する場合もあります。この場合は、ローンが組めるようになるまでの期間を我慢して、信用を回復させることが大切です。 もちろん、ローンが組めるまでには時間がかかりますが、焦って無理なローンを組むことは避けるべきです。無理なローンを組んでしまうと、返済に苦しむことになり、最悪の場合は自己破産などのリスクもあります。 結局のところ、不動産の購入は長期的なプランニングが必要となります。ローンが組めるようになるまでの期間を我慢し、着実に準備を進めていくことが、無理のない不動産購入のための重要なポイントとなります。

    対処法③:家族・友人からの資金援助を受ける

    不動産関係でお金が必要になった場合、家族や友人からの資金援助を受けることが一つの対処法となる。特に不動産投資においては、大きな資金が必要となることが多いため、身近な人からの援助が頼りになることもある。 しかし、家族や友人からお金を借りる場合は、事前にしっかりと話し合いを行い、返済計画を立てることが大切である。また、金銭トラブルを避けるためにも、契約書を作成して署名・押印をしたり、利息を支払うといった細かいルールを決めたりすることで、トラブルを未然に防ぐことができる。 家族や友人からの資金援助は、手軽な方法ではあるが、借りたお金を返すことができない場合、信頼関係が損なわれてしまうこともある。そのため、事前に自分の返済能力をしっかりと見極め、無理のない金額で借りることが大切である。また、返済が遅れた場合には、事前に連絡し、誠意を持って対応することも重要である。

    ―当社対応エリアー

    世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、江東区、港区、新宿区、中野区、練馬区、板橋区、台東区、横浜市、川崎市

    ―当社業務内容―

    戸建仲介、マンション仲介、任意売却、無料査定、机上査定、訪問査定、不動買取り、賃貸仲介、相続相談、住宅ローン相談、借換、保険の見直し

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。