株式会社リエイト

世田谷の相続と終活に関するすべての知識!相続財産も解説【世田谷 不動産売却】

お問い合わせはこちら

世田谷の相続と終活に関するすべての知識!相続財産も解説【世田谷 不動産売却】

世田谷の相続と終活に関するすべての知識!相続財産も解説【世田谷 不動産売却】

2023/09/23

世田谷区での相続や終活については、知っておくべきことがたくさんあります。遺産相続手続きや遺言書の作成、相続税の計算方法など、専門的な知識が必要です。今回は、世田谷区での相続や終活に関するすべての知識を解説し、相続財産についても詳しくご紹介します。これから相続や終活に関わる方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

    世田谷で知っておきたい相続の基礎知識

    世田谷は、都内でも住みたい人が多く、不動産価格も高くなっています。そのため、相続についても知っておくことは重要です。 相続には、遺産分割協議書による分割や、相続人間の協議による分割などがあります。大切なのは、相続人が誰であるかを明確にすることです。遺産分割協議書を作成する場合は、公証人を介して作成するか、弁護士に任せることが多いです。 また、相続税についても知っておく必要があります。世田谷区では、相続税の対象となる遺産総額が5,000万円以上の場合に課税されます。ただし、世田谷区では世田谷区相続税軽減条例があり、相続時の不動産評価額の75%を限度に課税額を軽減するという制度があります。 不動産を相続する場合には、相続放棄などの対策が必要になることもあるため、不動産会社や弁護士に相談することをおすすめします。 以上、世田谷で知っておくべき相続の基礎知識についてご紹介しました。

    終活とは?世田谷で考えるべきポイント

    終活とは、自分の余生をどう過ごすかということを考えた上で、そのための準備をすることを指します。世田谷市でも、高齢化が進んでおり、終活に注目が集まっています。不動産業界に関して言うと、終活においては住居についての検討が不可欠です。老後の住居が住宅ローンで購入した家であった場合、不動産売却や引っ越しについても考える必要があります。また、高齢化に伴う介護に必要な住居の検討も必要です。このように、世田谷市でも終活は急務となっています。不動産業界に携わる者は、終活について十分に理解し、そのニーズに応えることが求められます。

    相続財産の種類と取扱いについて解説

    不動産業界において、相続財産の種類には主に不動産、債権、現金、株式、預貯金などが挙げられます。相続財産を引き継いだ相続人は、相続財産の取扱いについて慎重に検討する必要があります。 まず、不動産に関しては、相続税の評価額に基づいて贈与や売却を行う場合があります。ただし、相続税額を抑えるために、相続税評価額よりも安価に取引されることが多いため、売却する場合には市場価格を調べるなど、細心の注意を払うことが重要です。 また、債権や株式については、相続人がそのまま所有するか、売却するか、または交換することも可能です。ただし、成長性や将来性が期待される株式や債権は、評価額が上がりやすいため、放置することが不利益になることもあります。 預貯金や現金については、相続人がそのまま所有するか、銀行などに預けることもできます。ただし、インフレーションなどで価値が低下してしまうこともあるため、投資信託などの利回りの高い資産への移管も検討する必要があります。 相続財産の種類によって、取扱い方法も異なるため、事前の情報収集や専門家のアドバイスを受けることが大切です。相続人自身が取扱いに関して十分に理解した上で、財産を運用していくことが重要です。

    世田谷にある相続手続きに必要な書類と手続き

    相続手続きに必要な書類や手続きには、不動産業界においても大変重要なものがあります。世田谷では、相続手続きに必要な書類を収集し、手続きを行うことが求められます。 まず、相続人全員の戸籍謄本を用意する必要があります。また、相続人が法定相続人である場合は、遺産分割協議書や不動産の登記簿謄本、固定資産評価証明書なども必要になってきます。これらの書類を収集し、証明書類を作成しておくことが重要です。 また、相続に関する手続きには、税務署や司法書士などとのやりとりが必要となります。世田谷の場合、地方税務署から相続税の申告書を取得する必要があります。その後、申告した相続税に基づいて不動産の登記簿謄本を更新する手続きも行わなければなりません。 相続手続きは、複雑で時間のかかる作業になることがあるため、専門家に相談することをおすすめします。世田谷には、相続手続きに精通した不動産業者や法律事務所が多数ありますので、適切なアドバイスを受けながら手続きを進めていくことが大切です。

    相続税の仕組みと節税の方法

    相続税は、不動産を含めた相続財産に課せられる税金です。相続税の税率は、相続人と被相続人の関係、相続人の数、相続財産の額によって決まります。しかし、相続税を支払わなければならない場合でも、節税する方法が存在します。 まず、相続税の遺産分割のルールを理解することが大切です。相続人は、被相続人の遺言書が存在しない場合、法定相続分に基づいて遺産を分割します。この分割ルールを理解した上で、相続人同士で話し合いを進め、遺産分割協議書を作成し、税金の負担を軽減することができます。 また、適切な節税策を取ることも重要です。例えば、相続財産の評価額を下げるために、不動産の評価額を下げるという手段があります。これには、不動産の評価基準年月が重要になります。不動産の評価基準年月については、専門家に相談することが望ましいです。 さらに、相続財産についての先手必勝も重要です。相続人となる人物があらかじめ遺贈などの方法で贈与を受けることで、相続財産を減らすことができます。遺贈には、贈与税の問題があるため、この点も専門家に相談することが重要です。 以上、相続税の仕組みと節税の方法について、不動産業界においての解説を行いました。相続税や贈与税は、専門家に相談して適切な対処を行っていくことが大切です。

    ―当社対応エリアー

    世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、江東区、港区、新宿区、中野区、練馬区、板橋区、台東区、横浜市、川崎市

    ―当社業務内容―

    戸建仲介、マンション仲介、任意売却、無料査定、机上査定、訪問査定、不動買取り、賃貸仲介、相続相談、住宅ローン相談、借換、保険の見直し

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。