株式会社リエイト

相続放棄と不動産譲渡税の関係|譲渡所得を計算して知ろう【世田谷区 不動産売却】

お問い合わせはこちら

相続放棄と不動産譲渡税の関係|譲渡所得を計算して知ろう【世田谷区 不動産売却】

相続放棄と不動産譲渡税の関係|譲渡所得を計算して知ろう【世田谷区 不動産売却】

2023/12/15

相続放棄は、相続人が相続した財産を受け取らないという手続きです。しかし、相続放棄を行った場合でも、不動産などの財産を譲渡した場合には、譲渡所得として税金がかかる可能性があります。このような場合、相続放棄と不動産譲渡税の関係性について正しく理解することが大切です。そこで本記事では、不動産譲渡税に関する基礎知識や譲渡所得の計算方法について解説し、相続放棄と不動産譲渡税の関係について詳しくご説明します。

目次

    相続放棄による不動産譲渡税の免除

    相続放棄による不動産譲渡税の免除について、不動産業界では重要なポイントとなっています。相続放棄とは、相続人が法定相続人の地位を放棄し、相続しても負担が大きい財産を受け取らないことを意味します。このように相続放棄が行われる場合、不動産の譲渡税が免除されることがあります。ただし、相続放棄には他の税金や財産にも影響がありますので、十分に慎重に判断する必要があります。不動産業界でこのような相続放棄が行われる場合は、税務や法律などに詳しい専門家の意見も聞きながら、最適な選択肢を見極める必要があるでしょう。

    相続放棄した場合の譲渡所得の計算方法

    相続放棄は、相続人が相続財産を受け取ることを拒否する制度であり、相続人の責任が免除されるため、相続放棄された財産は遺産分割の対象外となります。しかし、相続放棄後にその財産を第三者に譲渡する際には、譲渡所得として課税対象となる場合があります。譲渡所得の計算方法は、譲渡価格から譲渡費用(仲介手数料・登記費用等)を差し引いた金額から、譲渡時に該当する相続人の相続割合分を調整し、その金額から譲渡時の資産評価額を差し引いた価値が算出されます。この金額が譲渡所得となり、譲渡所得税が課せられることになります。相続放棄が発生した場合には、課税対象となる譲渡価格が相続放棄された財産の時点での評価額と異なるため、相続申告書の提出や税務署への相談が必要となります。

    相続放棄と贈与税の関係

    不動産を相続した場合、その所有者が払うべき相続税が発生します。しかし、相続することに負担を感じ、相続放棄を選択する場合もあります。相続放棄によって相続税を回避することができますが、代わりに贈与税が発生する可能性があります。 具体的には、相続放棄後にその財産が別の人に贈与される場合、贈与税が課せられます。贈与税は、贈与された財産の価値に応じて課税され、税率も高くなります。そのため、相続放棄を選択する場合は、事前に財産の移転先や贈与の金額、税金の支払い方法を十分に考慮する必要があります。 また、相続放棄と贈与税の関係を考える上で重要なポイントは、贈与税の非課税枠があることです。この非課税枠内であれば、贈与税は免除されます。現在の非課税枠は1,100万円ですが、定期的に見直されるため、最新の情報を把握することが大切です。 不動産の相続や贈与については、税金の問題が大きな要因となります。相続放棄や贈与を検討する場合は、専門家のアドバイスを仰ぎながら、十分な計画を立てて進めることが重要です。

    相続放棄の手続きと注意点

    不動産を相続する場合、相続放棄の手続きが必要になることがあります。相続放棄とは、相続人が自己の相続権を放棄することで、相続財産を受け取らないことを意味します。相続放棄には、書面による手続きが必要で、遺産分割協議書や遺言書で放棄することはできません。 相続放棄の手続きには、民法に基づく手続きと、相続人が死亡した場合に限り特別会社を通じた手続きがあります。相続放棄は、放棄届を家庭裁判所に提出することで完了します。相続人が複数いる場合は、全員が放棄しなければいけないため、協力が必要です。 相続放棄には注意点もあります。相続放棄をした場合、その相続人は後継者には含まれなくなります。また、相続人が負債を抱えていた場合、相続放棄しても債権者には相続人の財産を取られる可能性があります。相続放棄による財産の移転には税金がかかることもあるため、専門家のアドバイスを受けることも重要です。

    相続放棄のメリットとデメリット

    相続放棄は、相続人が相続財産を受け取らないことを決定する手続きです。不動産業界においても、相続放棄は頻繁に行われます。 まず、メリットとしては、相続人が負担する可能性のある相続税や、不動産の管理・維持費用などが免除されることが挙げられます。さらに、不動産の相続によって発生するトラブルを未然に防ぐことができるというメリットもあります。 一方、デメリットとしては、相続財産が手放されるため、その財産に関する権利を失うことになります。また、相続人の中で相続放棄を申し出た場合には、その相続人による譲渡や処分ができなくなるというデメリットもあります。 不動産業界においては、相続放棄が行われるケースが多く、相続放棄によって生じるメリットやデメリットを把握して、適切な判断が求められます。また、相続放棄に関する手続きや注意点などについても把握しておく必要があります。

    ―当社対応エリアー

    世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、江東区、港区、新宿区、中野区、練馬区、板橋区、台東区、横浜市、川崎市

    ―当社業務内容―

    戸建仲介、マンション仲介、任意売却、無料査定、机上査定、訪問査定、不動買取り、賃貸仲介、相続相談、住宅ローン相談、借換、保険の見直し

    ----------------------------------------------------------------------
    世田谷区不動産売却専門サイト
    東京都世田谷区奥沢五丁目38番8号
    テラス自由が丘1F
    電話番号 : 03-6715-6215


    世田谷で相続関連物件の売却

    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。