株式会社リエイト

不動産のリースバックと融資の違いとは? - 解説あり【世田谷区 不動産売却】

お問い合わせはこちら

不動産のリースバックと融資の違いとは? - 解説あり【世田谷区 不動産売却】

不動産のリースバックと融資の違いとは? - 解説あり【世田谷区 不動産売却】

2023/11/07

不動産のリースバックと不動産融資は、不動産オーナーが所有する不動産を活用する方法としてよく知られています。しかし、これら2つの方法には違いがあります。本稿では、不動産のリースバックと融資の違いについて解説していきます。

目次

    不動産のリースバックとは?

    不動産のリースバックとは、個人が所有する不動産資産を不動産会社に有償で貸し出すことで、その不動産を資産として活用し、同時に資金調達を行う方法です。これによって、企業は自ら所有する不動産を有効に活用することが可能となり、資金繰りにも役立てることができます。また、貸し手としては、賃貸収入を得ることができる反面、償却費用や修繕費用なども負担する必要があります。なお、リースバック契約には様々な種類があり、物件の使用権を貸すファイナンスリースと、物件の売却代金を受け取りながらも継続して使用するセールアンドリースバックなどがあります。個人又は企業の資金調達手段として、特に中小企業には有用な方法と言えます。

    不動産の融資とは?

    不動産の融資とは、不動産を購入するために必要な資金を借りることです。融資の提供先は銀行や信託会社、不動産担保ローンを扱う会社などがあります。融資の対象は、一戸建て住宅やマンション、ビルや商業施設などの不動産物件になります。融資の条件は、借り手の信用度や物件の種類や場所、流動性などが影響します。融資の返済期間は、長期的であることが一般的で、一般的には15〜30年を超えるケースが多いです。不動産の融資は、個人でも法人でも行うことができ、不動産投資をする際にも利用されます。しかし、返済能力や物件の価値の下落などにより、融資を返済できない場合は、担保として差し押さえられる恐れがあるため、十分な検討とリスク管理が必要です。

    不動産のリースバックと融資の違いとは?

    不動産を所有する企業の中には、所有する不動産をリースバックする場合と融資を受ける場合があります。不動産のリースバックとは、企業が所有する不動産を不動産会社などの第三者に貸し出し、資金調達を行うことを指します。一方、融資とは、企業が自社の不動産を担保に金融機関からお金を借りることを指します。融資では、企業が自己資金を使わずに事業拡大を行えるため、資金調達の手段として非常に重要です。しかし、融資には返済期限や利息などを考慮する必要があるため、企業経営に危機感を抱く場合、リースバックの方がより安定した選択肢になることがあります。どちらの方法を選ぶにせよ、企業の経営方針や資金調達のニーズに合わせて、慎重に選択することが肝要です。

    リースバックのメリットとデメリット

    リースバックとは、不動産オーナーが所有する物件を買い取る代わりに、物件を賃貸するという契約のことです。不動産オーナーにとってのメリットは、自己資金が必要なく物件を売却できない場合にも、現金化ができることです。また、賃貸料金による収益が得られるため、不動産オーナーにとっては収益源となることもあります。一方、デメリットとしては、物件を手放したことによる資産価値の減少や、リースバック契約期間中の長期間の賃貸によるリスクがあることが挙げられます。また、慎重に契約を行わなければ、後日トラブルにつながることもあります。不動産オーナーがリースバック契約を検討する際には、メリットとデメリットをしっかりと把握し、慎重に決断することが必要です。

    融資のメリットとデメリット

    不動産業界において融資は非常に重要な役割を担っています。融資を受けることによって、不動産の取得やリフォームに必要な大きな資金を調達することができます。しかし、融資にはメリットとデメリットがあります。 まず、融資のメリットは、資金の調達が容易になり、不動産を取得することができることです。また、融資を受けることによって、購入に必要な資金を準備することができるため、不動産会社との交渉も有利に進めることができます。さらに、融資を返済することで、信用度が高まり、今後の取引にも影響を与えます。 一方、融資のデメリットは、利息の負担が必要となることです。利息は貸し手に支払うお金であり、貸し手によって異なる利率で設定されるため、返済額が大きくなってしまう可能性があります。また、返済期間も長期にわたる場合があるため、返済を続けることが負担となる可能性があります。 以上のように、不動産業界において融資は重要である一方で、メリットとデメリットがあります。必要な資金を確保するためには、費用や返済期間などをよく考え、融資を活用することが大切です。

    ―当社対応エリアー

    世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、江東区、港区、新宿区、中野区、練馬区、板橋区、台東区、横浜市、川崎市

    ―当社業務内容―

    戸建仲介、マンション仲介、任意売却、無料査定、机上査定、訪問査定、不動買取り、賃貸仲介、相続相談、住宅ローン相談、借換、保険の見直し

    ----------------------------------------------------------------------
    世田谷区不動産売却専門サイト
    東京都世田谷区奥沢五丁目38番8号
    テラス自由が丘1F
    電話番号 : 03-6715-6215


    世田谷で一戸建て住宅の売却

    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。